1学期、お母さん達からされる相談ごと3選。

こんにちは。つうちゃんです。お子さんがいるご家庭では、1学期も中盤に差し掛かり、お子さんの変化に安心したり、逆に不安になったりしてませんか?「うちのこ友達いるのかしら?」「勉強ついていけてる?」

担任の先生にも、そろそろ慣れ始める時期は、子供達の本来に姿が見え始める時期。そんな時期はいろんな出来事も起こりやすい。そんな時期、保護者さんからよく相談を受けるんですが、やっぱりどの親御さんも同じようなことに悩んでいるんですよね。なので今日は、これを読んだお母さんお父さん、それから先生達も安心できるようなヒントになるようなことを書いていきます。

うちの子、ちゃんと友達いますか?遊んでますか?

このご相談、メーーーーーーーーーーーーーーーーーッチャ多いです。特に低学年の担任をするとお母さんから受ける相談ほぼこれ。で、理由を聞くと、

「学校で今日誰と遊んだの?って聞いても、忘れた。知らない。って言われるんです。」って返ってきます。これを小学生語に変換すると→忘れた。多勢でわからない。そもそもまだ名前おぼえてない」

こんな場合が多いです。もちろん、本当にまだクラスに馴染めてない子供もいます。でもお話を聞いてから、そのこを観察していると仲良く遊んでる場合がほとんど。

お母さんの不安って、子どもにびっくりするくらい伝染します。だから、子どもよりお母さんの方が心配しすぎる・・ことは出来る限り減らせたらいいですよね。

あ、でももちろん気持ちは痛いほどわかります。

対処法は、答えられる質問に変える。

こと。例えば、

「誰と遊んだの?」の返答が欲しい時・・↓

去年のクラスの友達と遊んだの?女の子と遊んだの?外で遊んだの?って答えやすい質問にしてあげると答えやすくて、最終的に誰とどんなことをして遊んだか、分かったりします。

ふわふわドームのイラスト

去年のクラスの友達とばっかり遊ぶんです。

これも結構多いです。お母さんとしては、早く新しいクラスで新しい友達を作って欲しいのに、他のクラスの去年の友達とばっかり遊んでる。放課後遊びに来るのも前のクラスの友達。離れても仲良しなのはいいことだけど、今後が心配。そんな声もよく聞きます。でもこれもよくあること。2学期前になると自然と変化していきます。

子どもの人間関係も少しずつ変わる。

だから心配しなくて大丈夫です。特にこの時期の先生は、新しい仲間づくりに力を入れている先生が多いので、クラス遊びなどを柔軟に取り入れている場合がほとんど。席が近くなった、一緒に鬼役をやった、などのきっかけで仲良くなっていきます。なので安心してください。

宿題をなかなかやりません。。

これもよく聞きますし、全学年共通重大案件。それにこれは宿題の量、習い事の関係、学校のルール、家庭環境によってかなり差があるので一概に言えません。なのでい私の宿題に関する捉え方を話します。1番大事なことは、子どもに、

なぜ宿題が存在するのかを、伝えておく。

(これは担任の先生にお願いしたいことなんですが)

置き勉のイラスト(女の子)

よく学校で宿題をやる子どもも割といます、もちろん学校で許可されている時は否定しません。でも私はNGにしています。その上で、なぜダメなのか、なぜ宿題があるのかを何年生にも伝えています。

その内容は、

宿題は家でするためにあるよ。それは、学校で勉強したことを次の日まで思い出さないと、半分くらい忘れちゃから。でも家に帰って思い出すと、次の日ちゃんと覚えてる。だから学校でやって帰るとか、朝きてやるのは宿題をやっただけで、頭には残ってないんだよ。どうせやるなら覚えてる方がお得!

って私は言います。割とみんなしっかりやってきますよ。笑

宿題は家でやるから意味がある。そのことを子どもにも共有!

夏休みの宿題が終わらない女の子のイラスト

いかがでしたか?解決はしなくてもヒントになったり、引き出しの1部になればいいなと思います。

つうちゃん。

The following two tabs change content below.

Tsugumi

マイサービス作り専門家♡ 女性起業スクール、コピー・ブックライター WEB集客コンサルなど 【あなたの得意を仕事に変えます!】 1ヶ月でお給料を3倍に!あなたにとって最善最速の サポートをご提供♡気軽に相談してください。

最新記事 by Tsugumi (全て見る)

おすすめの記事